トレチノインは何と併用すればよい?

トレチノインとルミキシルを併用しても大丈夫?

最近、注目を集めている美白剤が、ルミキシルです。ルミキシルの主成分は、合成ペプチドです。ペプチドは、アミノ酸の連結が50個未満のものです。50個以上連結すると、タンパク質になります。ルミキシルは、メラニン色素が原因で発生するシミや、炎症後の色素沈着を改善します。チロシナーゼ阻害効果は、強力な漂白効果で有名なハイドロキノンの17倍もあります。チロシナーゼは、シミの原因となるメラニン色素の生成に必要となる酵素で、チロシナーゼ阻害効果が高いほど、美白効果が期待できます。ルミキシルは、肌への刺激が少ないことも、人気の理由のひとつです。ハイドロキノンで肌が荒れてしまう人でも使うことが可能です。さらに、肌質を選ばずに使用することができ、皮膚に対する毒性がないので、長期間使っても安全なのです。ルミキシルは、1日2回、洗顔後に顔に伸ばして使います。ルミキシルを使う場合は、日焼け止めを併用して紫外線を防ぐことが大事です。トレチノインも美白剤として有名です。ビタミンA誘導体であるトレチノインは、皮膚の深い層にあるメラニン色素を外に出す作用があります。トレチノインを塗ると、表皮細胞が増えて肌の表面へと押し上げられ、メラニン色素も一緒に排出されます。トレチノインは、アメリカではニキビの治療薬として有名で、ニキビやオイリー肌の改善にも使うことができます。また、コラーゲンの生成を促すので、肌に艶とハリが戻ってきます。トレチノインは強い作用がある美白剤なので、使用する量は決められた量を守って使うことが大事です。ルミキシルはトレチノインと併用することもできます。また、医療レーザーやピーリング施術との併用も可能です。