トレチノインは何と併用すればよい?

トレチノインと尻と内側について

トレチノインは皮膚のシミ消しにも利用ができますが、尻などは肛門近辺は避けるようにして、安全に利用をする必要があります。シミは内側から浮き上がってきて、次第に自然に垢となって剥がれ落ちていき、やがてシミは薄くなっていきます。1日でしみが消えることはありませんが、根気よく使い続けると皮膚状態は変わっていきます。

トレチノインはいパン的に、ハイドロキノンとのコンビネーションにより利用されることが多いものです。シミ治療には効果てきめんであり、お肌にはハリも出てきやすくなります。開いていた毛穴は引き締まっていきますし、軽い若返りには効果が高い治療法です。大人世代を過ごす女性の悩みでもあります、肝斑治療にも有効性が高くなります。

ただトレチノインも医薬品ですので、副作用の欠点も持っています。女性は女性なりの人生のステージがあって、結婚や妊娠に出産も経験をすることになりますが、そこにも関わります。トレチノインをしたシミ医療をおこなっている間は、妊娠はあまりおすすめではありません。

全員ではないものの皮膚には、赤みが残ることも考えられます。その際にはクリニックにおいて、レーザーや比嘉律令を行い赤みを取る治療をすることができます。レーザーや光治療をしても、そこから数ヶ月間は赤みがまだ残るケースがあります。

シミへの効果は高い治療方法ですが、日頃から太陽光の下で紫外線を浴びようような仕事や生活を送る人には、向いてはいない治療法でもあります。

トレチノインのクリームは病院で毎回塗ってもらうものではなく、患者が自分で塗るタイプの医薬品です。そのため毎回のクリームを塗る量の調整など、本人の判断でのコントロールは、若干難しい面もあります。その試しみに対しての成績につきましても、完全なコントロールができないために、ばらつきもあります。