トレチノインは何と併用すればよい?

トレチノインと背中のシミとステロイド注射

背中は、シミができやすい部位です。
顔や腕などは、しっかりと日焼け止めを塗っていても、背中は塗り忘れてしまう人が多いのです。
そのため、知らない間に背中にシミが発生しているケースが少なくありません。
背中のシミを予防するためには、背中にも日焼け止めを塗り、ビタミンCなど肌に良いビタミンを摂取することが大事です。
背中は、顔と違って手入れが難しい部分です。
できれば、皮膚科クリニックなどで医師に診てもらって、適切な治療を受けた方が安心です。
シミには、様々な種類があるので、専門家にシミの診断をしてもらった方がいいのです。
クリニックには、様々なシミの治療法がありますが、トレチノインやハイドロキノンを使った治療法の人気が高いです。
シミの多くは、皮膚の深い部分に沈着したメラニン色素が原因です。
トレチノインには、表皮の細胞を活発化する作用があるため、メラニン色素をスムーズに排出します。
トレチノインは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成も促すので、シワの改善効果も期待できます。
ハイドロキノンは、強力な漂白作用で知られています。
メラノサイトの活性を抑制し、メラニン色素の生成を抑えてシミを防ぎます。
ハイドロキノンは、できてしまったシミにも効果的です。
40歳を過ぎると、肩の痛みに悩む人が増えます。
肩関節の痛みには、ステロイド注射やヒアルロン酸注射が使われることが多いです。
関節液の成分に近いヒアルロン酸を注入することで、正常な状態に戻していきます。
ステロイド注射は、痛みがあるケースや、関節に水がたまってしまったケースで炎症を抑えるために使われます。
ただ、ステロイド注射は、副作用も報告されています。
特に糖尿病の患者は、化膿性関節炎を引き起こすリスクがあるため、注意が必要です。